みはるごはんバンザイ!

おいしい、たのしい、おてがる\(^o^)/ 予算18000円で作る2人ごはん

スポンサードリンク

塩麹があればこんなに作れるラクうまレシピ5選!

スポンサードリンク

塩麹を使った料理は無限大!

f:id:miharhumba:20200422180650j:plain

塩麹にハマってしまいました~( ^)o(^ )

こちらは楽天で購入した塩麹です。

最初はカルディの瓶に入った塩麹を使っていたのですが、近くにカルディがない上に、もっと量が欲しいなと思い、こちらを購入。

200gの3個セットで850円(税込)送料無料でした( ^)o(^ )

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

塩麹200g×3個セットで850円★うちメール便送料¥202
価格:850円(税込、送料無料) (2020/4/22時点)

楽天で購入

 

1つ283円ということになるので、スーパーに置いてあるのと比べると、ちょっとだけ割高かな?

しかし、楽天市場で購入するとメリットが多いです。

・楽天ポイントが付く

・おうちに届くので買いに行く手間が省ける→時短

・楽天ポイントで購入できる

2月の終わりくらいに購入したと思いますが、1つ目をもうすぐ使い終わりそうです。

塩麹はしっかりと味がついているので、たくさん使う必要はないので減りも遅いです。

3パックあれば、夏の終わりくらいまではもちそう。(私の飽きがくるのも早いので…笑)

賞味期限は180日なので、いい感じに使い切る予定です。

ということで今回は塩麹にハマった私が、塩麹を使った料理を思いつく限り作ってみました( ^)o(^ )

漬けこみ30分でも美味しい!鰆の塩麹味噌漬け焼き

f:id:miharhumba:20200416164755j:image

半額になっていた鰆を使って、塩麹味噌焼きを作りました( ^)o(^ )

切り身が2枚1パックで480円が半額の240円でした。

ただ、できあがりは半額だったとは思えない美味しさです!

味噌がいい感じにきつね色に焼けているのがまたいいんですよね~☆

日本酒や焼酎、赤ワインに最高に合います。

f:id:miharhumba:20200420174644j:plain

久しぶりに買った赤ワイン。

春らしいパッケージと、サクラワインというポップに惹かれました。

あのポップがなんだったのか、調べても良く分からないのですが、おそらくサクラアワードというワインで受賞したものだと思います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ピノ・ノワール/マルキ・ド・グーレーヌ (赤ワイン)750ml
価格:1197円(税込、送料別) (2020/4/20時点)

楽天で購入

 

楽天にも売ってました( ^)o(^ )

たぶん、送料を考えると店頭で探した方が安いとは思います。

ちなみに、私はリカーズで購入しました( ^)o(^ )
f:id:miharhumba:20200416164808j:image

鰆の塩麹味噌漬けとパフェ風に盛り付けたポテサラと、揚げ焼きしたナスをのせたあったかいお蕎麦。

一見、和っぽいメニューですが、発酵食品とワインが合うように、塩麹と味噌を使った鰆は魚であるにも関わらず、赤ワインとの相性バツグンでした( ^)o(^ )

今回飲んだ「マルキドグーレーヌ ピノノワール」が特に合います。

酸味はほとんどなく、渋くて深い味わいが口に広がります。

それが濃厚な塩麹味噌漬けにとても合うんです( ^)o(^ )

この赤ワインを見かけたら、ぜひ試してみてください☆

鰆の塩麹味噌漬けレシピ

塩麹と味噌の比率は、塩麹2:味噌1くらいが良いと思います。

使う味噌にもよりますが、塩麹ですでに味がしっかりと付くので、味噌が多すぎるとかなり味が濃くなってしまいます。

味がしっかりしている濃い味噌の場合は、比率は0.5でもいいくらいです。
f:id:miharhumba:20200416164821j:image

写真は、冷蔵庫で30分ほど寝かせたあとの鰆です。

塩麹と味噌を混ぜたものをしっかりとパックして、一晩寝かせるのがいいみたいです。

が、今回は時間がなかったので30分くらいしか漬けられませんでした。

なので、できるだけ浸透するようにすりこんでから冷蔵庫に入れておきました。

たった30分たらずですが、半額の鰆がふっくら一回り大きくなっていてびっくり!

発酵食品のパワーを見せつけられました( ^)o(^ )
f:id:miharhumba:20200416165034j:image

お蕎麦は、水で解凍できる冷凍のお蕎麦です。

山口県にいった時にファディという業務用スーパーでゲットしました( ^)o(^ )

色んな冷凍食品を中心に面白い商品がそろっているので大好きなお店です。
f:id:miharhumba:20200416164838j:image

チーズを練りこんだポテサラに、きゅうりとトマトをパフェっぽくのせています。

マヨネーズとブラックペッパーは飾り程度に。

ただ、ポテサラはチーズより牛乳を混ぜてクリーミーペーストにする方が好きでした( ^)o(^ )

鶏むね肉の塩麹焼き

f:id:miharhumba:20200416164727j:image

塩麹に出逢ってから、鶏むね肉の可能性に気づいてしまいました( ^)o(^ )

これまで、ジューシーな鶏もも肉が一番良いと思っていましたが、鶏むね肉さいこう! 

f:id:miharhumba:20200416164715j:image

塩麹を使って焼くと、鶏むね肉がジューシーにふっくらしました( ^)o(^ )

料理酒と塩麹に漬けて15分以上冷蔵庫に眠らせたものを、電子レンジで全体に火が通るまでチン。

あとは、タッパーに出ている鶏の出汁とリケンの青じそドレッシングドレッシングを少し混ぜて焼くだけ。

漬けて放置、レンジに入れて放置、あとは仕上げの味を調えてぐつぐつさせたら完成!めちゃくちゃ簡単です。

もう、鶏むね肉を、ぱさぱさで食べ応えがない鶏肉とは言わせない!

それをさらに痛感したのが、鶏むね肉で初めて唐揚げを作ったときでした。

塩麹漬け鶏もも肉の唐揚げ

f:id:miharhumba:20200416165347j:image

これまで、様々な唐揚げの粉を使ってほぼ週1で唐揚げを食べてきましたが( ^)o(^ )(笑)

究極の唐揚げを知ってしまいました。

それが、塩麹を使った唐揚げです!
f:id:miharhumba:20200416165405j:image

こちらの鶏むね肉の唐揚げ、唐揚げ粉を使っていないのにこの焼き色。

使ったのは、塩麹とショウガ、料理酒のみです。

これに1時間ちょっと付けておいただけ。

卵と小麦粉、水の手作り天ぷら粉で揚げただけ!

もう、食材さえあれば、今からでも作れちゃいます( ^)o(^ )

天ぷら粉なので、付け合わせに大葉も揚げました。 
f:id:miharhumba:20200416165422j:image

四角い小皿にのっているのは、小さい玉ねぎを半分にして揚げたもの。

今度から、唐揚げは鶏むね肉を使う事にします。

唐揚げの粉をわざわざ購入していた分だけ、鶏むね肉に費やして、もりもり食べたいと思います( ^)o(^ )

塩麹で豚肉ステーキ

f:id:miharhumba:20200416165550j:image

塩麹をささーっとぬった豚肉をいつも通りやいただけ。

にもかかわらず、こんなに美味しくなる!っして柔らかい!感動モノの柔らかさです。

付け合わせには、オーブンでグリルしたニンジンとじゃがいも、春キャベツ。
f:id:miharhumba:20200416165645j:imageゴチになりますで、まっすーが「春キャベツ良く焼きで」と川柳?を作っていたのを聞いて、影響されました(笑)

良く焼きどころか、焦げましたが( ^)o(^ )

純粋に塩で食べるのが一番うまい。

塩麹で鶏鍋

f:id:miharhumba:20200416165023j:image

塩麹と隠し味に甘酒を使って、鶏鍋を作りました( ^)o(^ )

塩麹の可能性を存分に試したいので、思いつく限りの料理をしました(笑)

市販の鍋スープを使うのも美味しいですが、体に優しく塩麹で手作りする方がお財布にも優しいです☆

 

塩麹鶏鍋の作り方

・生姜 チューブ5㎝くらい 

・塩小 さじ2

・甘酒 大さじ1

・醤油 2.5回しくらい(生ボトルタイプの場合)

・塩麹 小さじ1.5

 

計りながら作ったわけではなく、だいたいの目分量で入れた物を数値化しています(笑)

なので、この分量を基準にしながら、味見をしつつお好みの味でどうぞ( ^)o(^ )

 

塩麹はもっともっと美味しい料理が作れそうなので、塩麹レシピ第二弾も書くと思います☆

お楽しみに( ^)o(^ )

スポンサードリンク